逢いたくて逢いたくて

逢いたくて逢いたくて

視聴可能: Prime Video、FOD
大学生活に大きな希望を持った新入生たちが、朝の満員電車から降りてくる。その中のひとり白川道子は親友のエリ子とともにW大学に入学し、万年大学生の小橋に誘われて“イタリア文化研究会”に入った。部員は6名の小さな部だったが、カンツォーネをやっていることに道子たちは魅せられたのだ。ところが小橋が楽器を全部質屋に入れ、部の運営に困り果てていた。そこでエリ子たちは道子を“園まりそっくりショー”に出し、賞金稼ぎを企てた。ショーの会場には、取材で歌手・園まりを追いかけていた週刊ニッポンのカメラマン・梶貫太郎と記者・田波恵子もいた。そんな中、園まりによく似ている道子が当選し、賞金2万円を得た。この賞金で楽器が買えると喜んだのも束の間、小橋が1万円を授業料の一部にあててしまい、エリ子たちの夢は叶えられなかった。小橋の境遇に同情した道子はみんなを慰め、それぞれアルバイトで資金集めをすることにした。そんなある日、5人組が道子をさらい、ホテルの一室に連れて行った。そこにいたのは園まりのマネージャー谷井で、急に声が出なくなった園まりの代役を1週間やってくれないかと言う。お礼に20万と頭を下げられた道子は半ば夢うつつで受け取り、道子をさらった連中たちの教育により即席の園まりが作り上げられた。明くる日、道子はチャリティショーに出席したが、そこにいたカメラマン梶は、いつもとどこか違う園まりの挙動を不思議に思い・・・。