そして、生きる

そして、生きる

視聴可能: Hulu、 Paravi、 FOD
3歳のときに交通事故で両親を亡くした生田瞳子 (有村架純) は、盛岡で理髪店を営む伯父に引き取られる。地元のアイドルとして活躍することもあり、いつしか女優を志すようになっていた。そして19歳になった瞳子は、東京で開催されるオーディションに挑もうとするが、その前日の2011年3月11日、東日本大震災が起きる。瞳子はカフェで一緒に働いている韓国人のハン (知英) とともに、気仙沼のボランティア活動に参加する。瞳子はそこで、学生ボランティア団体の運営メンバーである東京の大学生・清水清隆 (坂口健太郎) と出会う。瞳子はなぜか彼のほほえみに違和感を覚える。清隆自身もまた過酷な運命を背負っていることを、瞳子は知る由もなかった。そして気仙沼で一緒の時間を過ごした瞳子と清隆は、いつしか互いに特別な感情を抱いていく―。