風が燃えた

風が燃えた

視聴可能: Paravi
初代内閣総理大臣・伊藤博文とその妻・梅子の生涯を軸に、近代日本に生きた人々を鮮やかに描く。物語の中心となる博文と梅子の青年期を三浦友和と山口百恵、壮年期を平幹二朗と三田佳子がリレーキャストで演じた。共演は森繁久弥、加藤剛、竹脇無我ら。撮影は御殿場・茅ヶ崎・西伊豆から、海外はロンドンに至るまで一大ロケを敢行。 【ストーリー】 海沿いの街道を一組の主従が急いでいた。馬上の人物は長州藩士・桂小五郎(竹脇無我)、桂に従えている足軽の名は伊藤利助(三浦友和)。道すがら、利助は落とした荷物を居合わせた漁師の娘・お梅(山口百恵)に拾ってもらう。これが、のちの初代内閣総理大臣・伊藤博文(平幹二朗)とその妻・梅子(三田佳子)との最初の出会いだった・・・。